つたえびと

独(毒)女のひとりごと、つたえたいこと

プロが伝授する 失敗しない結婚式の探し方

time 2015/10/06

結婚式しようと思ったその時に
さて、結婚式をしようと思ったはいいけれど、、、私どうしたらいいの?

a1640_000188

と、思う人は多いようです

ブライダルの仕事をしてたよね?っていう理由で、私への相談がもちかけられることが本当に多いので、そういう事なんだろうと思います。
(※結婚式しようか自体を悩んでいるならぜひこちらを読んでください→

少しでもプロの話を聞いて、安心したい、理解して進めたいというその気持ち、わからなくないんです。サイトやウエディング会場の情報だけでは何だか踊らされるような気がしてしまう、不安が募る。生まれて初めての、しかも人生に一度きりの結婚式を、慎重に始めたいその気持ち。

しかし、話を聞いてみると、道はすでに決まっている人が多いのも事実

私が相談にのるまでもなかったのでは・・(笑) という事もしばしば
まぁ、それでも、人に話すことで想いがまとまって、プロである私に話すことで勇気が出るならいつでもお昼ご飯程度で出向きますけどね。とはいえ私はプランナーではないので、最後まで二人の結婚式をデザインしたりサポートしたりできません。
だから二人で考え、二人で進める、結婚式の準備の仕方をお話しします

sponsored link

さて、本題です。私の考える、さぁ、どうすればいいか

① 何故、結婚式をしようと思ったのか、考えてみてください。二人で。

例えば、両親を喜ばせたいから、ドレスが着たいから、記念に残したいから、何でもいいのでとにかく考えてみてください、できれば書き出してみるといいですね。

② ①で書き出した、思いついたことに順位をつけて二人にとっての上位3~4つを選んで、決めてください。

それが、二人にとって結婚式をする理由になるのです。これを最後まで忘れないことが、結婚式やってよかったね!と言える近道だと思います。是非、大切にしてほしい想いなんです。これから面倒な事、悩むことも沢山あります、だからその時に迷子になってしまわないように、今の気持ち大切にしてほしい。

③ 次に、イメージを彩りたいと思います。

選択肢は沢山あります、思いつく限りをご紹介しますので、まず知ってください!知るだけで良いですよ。
と、まとめたら、すごいボリューム!傑作!?なのでリンクにしました。是非見てくださいね
(※能登谷個人の偏見もたっぷりありますけど、なるべく客観的に書いたつもりです)

結婚式選び 選択肢 まとめ 一覧 はこちらから >>>

 

④なんとなくイメージだけでいいので、こんな感じがいいなぁと二人の気持ちを話してくださいね。

この時、だいたいの想定している人数を合わせましょう。例えば、家族だけがいいね!お友達いっぱい呼びたいね!等は二人に意思の相違があるとまとまらないので。ここで二人の意見がズレたり、迷子になったら、①で書き出したメモを見てみることをおススメします。「私たち、何で結婚式するんだっけ?」と、原点に。

 

⑤さぁ、ここで、

私のかなり私的意見ですが、親御さんにそのイメージを伝えておくことをおススメします。「家族だけで海外でやりたいの」「東京のホテルで探そうと思う」等です。親御様が思いっきり想像と違う反応をされることもあるんです、実際ね。大概はセーフなんですけど、後でめんどくさい場合もあるという事です。

 

 ⑥何となくイメージもできて来たので、ここで検索の仕方、探し方のレパートリーを紹介します

a.ブライダル情報WEBサイトで検索する
ブライダル情報検索サイトについての比較をまとめてみたよ!>>
b.ブライダル情報誌を買い、見て探す

c.ウエディングデスクと称される相談デスクで相談する

d.フリープランナーを探す

e.ドレス探しを先にする

f.グーグル先生等でキーワード検索する

g.SNSで叫び、情報を集める

 

本来ここで、上記の詳細を解説したいところですが、今回はここまで!近日中に必ずUP更新しますので、是非続きをお楽しみに~♪

ブライダル情報検索サイトについての比較をまとめてみたよ!>>

重いんで、ネットで購入がおすすめ♪↓↓


結婚式・ブライダル ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ
にほんブログ村




sponsored link

コメント

グルメ

ブライダル

プライベート

仕事論・毒論

家電

日本を知る

美容・料理

起業・税・実務

開運・縁起

TVネタ

つたえびと

能登谷 亜紀

能登谷 亜紀

ブライダルコンサルタント経営独女が経験や仕事から思う事をつたえるブログ。沢山の人に幸せをリンクしていきたい。 [詳細]



sponsored link